約束できない現実。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

近所でクルマと自転車による事故が起きました。

自転車は小学生で、重症と報道されています。

なんだか苦しくなります。

 

googlemap さんより。

 

自分も利用している道路で大きな交通事故があると、すごく怖く感じますね。

それだけヒトゴトだと思っていた表れでしょうか?

 

今日までの間、何年も無事に通り抜けてきた道路。

交差する側には一時停止、だから自分が優先。

そんな要素が無事を約束してくれるものではないって、突きつけられた気がしています。

 

両当事者の運転行為がどうだったかは知りません。

でも事故になったって事は、何かしらの原因があったんだろうなぁって思ってしまいます。

事故が起きた事実は戻らないけれど、被害が最小限で済んで欲しいと願います。

そして、私たち道路を利用する者は今一度、安全運転とはどんな運転か考えるタイミングなはずです。

 

とんでもなく不都合な偶然を避けたい、でも良い。

ずっと幸せを膨らませ続けたい、でも良い。

もっとも安全であって欲しい自宅周辺が、実は多くの危険を孕んでいるものです。

それは何故か?

まで含めて、みんなで気を付けましょうね。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL