+10年な権利。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

お客様の叔父が運転免許証を返納するのだそうです。

ちょこちょこ耳にするようになりました。

併せて自動車保険 📖 も解約するのだそうです。

ご家庭にはクルマが1台のみ、そうですか・・・

 

       あくまでイメージです。

 

権利を手放すと言うのは、能動的な部分を失う感覚に切なさや寂しさを感じます。

通院とか買い物とか運転者としての責任とか、いろんな要素を鑑みてのご決断だったと思います。

自動車保険を取り扱い、安全運転を啓発する立場の私としても、そのご判断を尊重させていただきます。

 

さて、自動車保険の解約について。

基本的に、解約手続きと同時に中断手続きもするべきだと表現しておきます。

等級(割引)の権利を10年間温存するんですね。

今回のように、継承する方が居ない環境だとしても、再開させる機会が無いとは決めつけられません。

権利ですからね、簡単に消滅させたらもったいない。

 

そんな話を展開してた翌日にたまたま・・・

仙台に移住された方から連絡 📲 がありまして、

『 中断証明書? 📖 もらいましたっけ? 』

移住の際にクルマを手放したのですが、どうやら再取得するようです。

🔎 調べてみたら中断を申請してから丸9年、あと1年の期限 でした。

20等級だから63%割引きでのリスタートです。

その経済性 💴 は助かりますよね ♬

残しといて良かったし、思い出してくれて良かった。

先方のクルマ屋さんのファインプレー かしら?

 

中断の手続きも再開も簡単です。

あ、ケース・バイ・ケースですから、詳細については保険担当者にお問い合わせくださいね。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL