【タイヤ整備】右回り左回り。

トラックのタイヤ交換もします、当たり前か。

 

重いってだけで大変ですから、休み休み作業しないとつらいです。

ところで、トラックの左輪と右輪でホイールナットの回し方が反対なのは知っていますか?

 

一般的な言い方をすれば、左輪が左回しで締め付け、右輪は右回しで締め付けです。

そこで話題にするのが、「左回り・右回り」です。

 

 

専門校の頃、恩師が仰いました。

『 お前たち、右回しってどこを起点にするの?』

「 は? テッペンでしょ?」

『 それって誰が決めた? もし、時計で言う6時の位置を起点にしたらどうなる?』

「 ・・・、  逆だけど、一般的じゃないスよね 」

『 そう。だけどな、右回りって言い方は時計回りって言い方の方が適していると思わないか?』

「 ・・・、 あぁ、そうッスね 」

 

もしかしたら、私がアンチテーゼの大事さに気付いた瞬間だったかも知れない。

よりピッタリの感覚を共有したいって思えば、反時計回し・時計回しと表現したほうが良いと感じる。

伝えた、伝えようとする、伝わる。それぞれ違う。

育ってきた環境で一人ひとり感覚は違うから、お相手に伝わるように伝えようと自分から調整する。

コミュニケーションに必要な準備ですね。

タイヤ交換の時期になると、しばしば思い出す恩師とのやり取り。感謝です。

 

ちなみに、タイヤでも左輪用と右輪用って場合があります。

ご自身でタイヤ交換される方はお気を付けて。

 

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL