鈍感ゆえの感嘆。

リモート会議の良さは知ってるつもり、さのりです。

 

 

初車検で里帰りしたクルマを診て感嘆。

1年点検でも診てたはずなんだけどな・・・

 

ブレーキマスターシリンダーが助手席側に有りました。

(〃≧∀≦)ゞ イリュージョン ♪

ブレーキペダルを踏んだ運転者の意思は、リモートで伝わる仕組みです。

(@_@;)   チョット 何イッテルカ 分カンナイ ♪

 

 

驚きの感情が伝わりづらいかな? すみません。

イリュージョンな移動もさることながら、着目点はブレーキシステムを移動させた事によって、エンジンと運転者の間に空間が出来たって事です。

10kgの米袋が入りそうな程度。

余計に分かんないか。

まぁ良いや。

 

この空間は、クルマが正面衝突してもエネルギーを人間に伝えづらくするためだと考えます。

バイワイヤって技術が単にワイヤレスにしただけじゃなくて、誤操作の抑制や衝突エネルギーの軽減にも貢献している。

普段、電気仕掛けとかセンサー自慢を冷ややかに観ていますが、こうして安全を創作してくれる配慮には尊敬の念がダップダプです。

せめて電気・電子の整備を勉強をして、これからの安全・安心に貢献したいもんだな、って思ったのでした。

 

ついでに関心したのが、コレ。

分かるかな?

 

 

ドアラッチに雨水が入らないように細工されてました。

『( 想定出来るトラブルを未然に防ぎたい。)』

造り手の想いがカタチと成ったのでしょう。

私の妄想ですが。

 

初車検の頃に、ようやく気付くアレコレ。

自分の鈍感力も、旅路の途中でトキメキを感じれると思えば幸せです。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL