自己負担丼。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

 

(〃≧∀≦)ゞ   丼~  ♪

お腹が空いたワケじゃありません。

ガラスの飛び石 💥 をマークしたんです ✋

お気の毒ですが、ガラスの交換を強いられました。

 

『 さぁ、どうしましょ? 』

 

お客さまは他社と自動車保険契約をしています。

でも相談相手として私を選択してくださいました、光栄なことだと感じています。

⇒ 現在加入している自動車保険証券を眺め、今回は総合的判断で自動車保険を行使することにしました。

 

その保険金請求手続きの中で、お客さまが引っかかったのは、自己負担額でした。

ちょいと前で言う、免責( メンセキ )ですね。

保険料を安くする手段として設定するアレです ✋

お客さまの契約では、5-10万円。

今回は保険行使1件目、5万円の自己負担です。

保険を行使するのに自腹が発生するって、契約時にはピンと来ないかも知れませんね。

でも契約だから、お支払い 💴 いただきます。

 

『 もし、自己負担額0万円だったら保険料って? 』

事故してはじめて抱く疑問なのかも。

次回は、0-10万円プランも検討するようです。

痛い出費と感じた方の気づき、だろうなぁ。

 

事故が無い前提で自動車保険を契約するのは怖いけど、事故が起きる前提ってのも受け入れづらい。

事故は想像することすら不都合だけど、想定は不都合を遠ざけると思うんですよね。

『( 何が分かんないのか、分かんない。)』

って言われる事が多いので、分かり良い保険料にフォーカスしちゃうのは否めないです。

でもせめて、事故に遭ってしまっても家計がグラつかない前提って言うのかな?

時間的、社会的なストレスはどうしても自己負担になってしまうから、せめてお金の面だけは安心してね ✋

そんな感覚、難しいよなぁ・・・

 

自己負担額の5万円は1万円札が5枚です。

(〃≧∀≦)ゞ 💴💴💴💴💴 知ッテル ♪

ただ単純に、保険料の節約を目的として選択する金額設定なのだろうか?

そのバランスが難しいんですけどねぇ・・・

 

保険契約期間、等級、事故有係数、補償内容、運転者の条件、年齢制限、運転者限定、自己負担額、台数。

『( どうすりゃ良いんだろう? )』

そう感じている方は先ず、信頼できて、自動車保険に詳しい人を探してみると良いです。

コスパ、バランス、充実感、ぴったり感、そんな表現たちを共有できて、できれば事故を想定できて、助けてくれそうな人。

でも鵜呑みにするんじゃなく、ちゃんとご自身でも最適と思う商品を選択して欲しいんです。

 

カーライフは生涯を楽しむ前提だけど、家計を破綻させるのも難しくはないはずです。

安全運転の意識付けが高ければ、事故を遠ざけることに繋がるはずです。

自動車保険もそんな目線で選択しましょう。

みんなの幸せがどんどん膨らみ続けますように ♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL