不可抗力への対策。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、さのりです。

 

車両保険の話です。

 

『 飛び石でガラスにヒビが入りました。』

あら、お気の毒です。

 

 

車両保険を行使した場合でも、飛び石なら等級ダウンが1つで済みます。

一般的な事故なら、等級ダウンは3つですから、飛び石って保険を使い易いです。

ただし、車両保険を担保してないとダメ、当然ですね。

 

『 車両保険は( 保険料が )高いから。 』

車両保険不担保の方が、よく仰る理由です。

 

そんな方にでも、

『 単独事故は保険が利かなくても良い 』

みたいな担保の仕方が有るんです。

エコノミーとか車対車なんて呼び方をしていて、保険料は安く済みます。

事故相手の車両を特定出来る場合や、冒頭の飛び石の他にも、台風・竜巻・洪水・高潮なんて自然災害の一部が担保されます。

近年の異常気象、ゲリラ災害なんて言葉をイメージすると、対策としても期待出来るのではないでしょうか。

『 本当は車両損害もカバーしたい、どうにかなりません? 』

なんてお考えの方は、ご自身の保険担当者さんに相談してみてください。

 

ご自身の意識・心構えだけでは回避出来ないトラブルへの対策。

難しいですねぇ。

 

あ、そうそう。

保険を使うと、将来の保険料が上がります。

それを踏まえて、保険を使うかどうか?

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッドな感覚で対処出来る担当者を選択くださいね。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL