では、3つのご提案。

『 お父さんがハンドルを切ったまま駐車してたんです。』

「 あ~、居ますよね。」

 

 

えいっ、と発進したのかしら?

気の毒ですが、致し方ないですね。

 

んで、車両保険に入ってるって言うので、少し安心したのですが・・・

 

 

「 とりあえず、10万は自己負担ですね。 え?  あ~、修理代が15万だとしたら、保険会社は5万しか支払わないって事です。」

『 え~、聞いてないです。』

「 ちなみに、自己負担金を0円にすると保険料は高く成りますよ。」

『 あ、そうだったかも・・・ 』

 

そんなやり取りが起きました。

おそらく契約の際には、ちゃんと説明を受けてるとは思うんですけど、事故なんてヒトゴトの方が多いし、そんな簡単に理解・記憶できる商品ではない、自動車保険って。

募集人が介在しない契約に起きがちな話でもあると感じます。

 

そんなもんだから弊社としては即、自腹モードの施工打ち合わせに入るワケです。

交換したい部品も極力治して、結果の金額を抑えてあげたい。

そうして少しでも気持ち良くトラブルを収束させるように考えます。

保険が効かない場合、こんな企業努力がズドンと発動されるんです。

しかも仕上がりは文句なしが前提ですからね、大変です。

(〃≧∀≦)ゞ ガンバレ 俺タチ、 ・・・カルタス ♪

 

結果が良かったのでホッとしました。

では、あらためて善後策を共有しましょう。

 

🥇 ハンドルは真っすぐにして駐車する。

※ そうでないクルマの横には駐車しない、ってのも。

🥈 ゆっくり発進する。

※ ブレーキ優先の運転を心掛けましょうね。

🥉 保険は安さに魅力を求めると、思わぬ自腹に驚くかも。

※ 補償は自分で買うものです。また、事故はジブンゴトであると思い込んでください。

 

不都合を想像するなんて、誰もが嫌です。

でも、想定した生き方をした方が賢明でしょう。

クルマの板金塗装修理も保険も整備も購入も事故処理も、大事だから全部サポートします。

安心しましょうね~ ♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL