発見者の功罪。

板金塗装修理も得意技、さのりです。

 

気付いちゃった・・・

標高 215cm にある傷。

(〃≧∀≦)ゞ 空気薄ッ ♪

 

 

自分より背の高いクルマって、中は広くて良いけど洗車が面倒だし、低いアンダーパスを通る時にビビったり。

不要な不都合も感じてしまいます、私だけ?

そんな無意識が逆にフォーカスしちゃったのかしら?

 

 

ヘコみ傷を見付けてしまいました。

サビが進行したら困るので、修理を提案させていただきました、が。

 

複数名の社員さんで利用するクルマなんです。

『 これ、誰やったの? 』

から派生する社内のモヤモヤを想起してしまって・・・

「 いっそ、見付けなきゃ良かった。」

なんて思ってしまいました。

 

でもね、永く快適に利用してもらうためには、キレイを維持する事が大切です。

ひとつの傷に知らんぷりしちゃうと、次の傷にも敬いとか慈悲を感じづらく成って、どんどん朽ちますから。

修理が利く状態で見付けたのは良かったんだと決めつけます。

 

弊社はクルマの継続利用を推す会社です。

だからサビに対する敵意も強くて、目が利いちゃうのかも。

早期発見・早期治療は大事です、ってコトでご理解ください。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL