ゾーン30。

ここ数年で増えたと感じるゾーン30。

小学校 🏢 周辺とか通学路に限定されているのかしら?

まぁ、” ゆっくり走ってね ” って程度にしか捉えていませんでした。

 

 

実際、🚕 30km/h で走ると・・・

遅っ って感じます。  🐢🐢🐢

30 と 40 の差って大きいかも。

だから、何を根拠に30なの? って探してみたら・・・

 

💡 死亡する確立が関係していました。

 

😰 怖い話に移ります。

通学途中の子供を轢いてしまった、と想定してください。

その時の速度が・・・

30km/h 未満だと、死亡する確立が10%程度。

50km/h 程度になると、その確立は80% オーバー。

このデータが正確だとしたら、どう感じますか?

ちなみに30km/h を越えると数値が一気に上昇するんです。

初めて知った方なら、初めての気付きが生まれるかも知れません。

どれだけ運転が人の命を奪う危険性を持っているか、怖いと思います。

 

もちろん、轢く前提でクルマを利用して居るワケではありませんけど。

でも・・・、って話です。

制動距離とか、視認性とか、スピードと安全は反比例。

安全を削りながらスピードを出してるって言えば皮肉でしょうか。

 

誰だって、事故やトラブルが無いと信じて生きていて、そのクセどこか漫然とか油断を帯びて生きていると思います。

だから運転に於いて、ヒューマンエラーや事故も起きてしまう。

そこを含んで、赦したり、赦してもらうために法律とか道徳とか、守ろうぜってルールが有るのでしょう。

子供たちの安全を願う気持ちなんて道徳とか言うよりもず~っと手前、そんな想いが生んだゾーン30なんじゃないかな。

自分のエゴを抑えてルールを尊重したいって思いました。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL