【BODY修理】きれいにブラックジャックる。

軽自動車のボディの錆はほとんどが内側からです。

だから表面を繕っても数か月だけの満足になります。

 

「 ちょこっとサビてきた 」 って頃に、ちゃんと修理させていただいたタント。

「 また サビてきた 」 って半年後・・・

それから今日まで、オイル交換や車検での入庫の度にペタペタ上塗りしてゴマかしてきましたが・・・

   こーゆークルマ多いですよね。

 

ボコボコしたり、変色したり、都度追いかけて×2 ユキグニ・・・ (# ゚Д゚) エーカゲンニセィ!

イラっときてポコポコ叩いていくと、エライことになってました。

 

  腐るにもホドがあるだろうと悔しい思いです。

 

最初の修理でちゃんと対価をいただいているし、ここは格好を付けたいじゃありませんか。

スタッフ澤さんにお願いをして、ゲリラ・リメーク しました♬

 

        右。
        左。

 

錆びないように作ってほしいけど、無理なのは知っている。

それでも、軽自動車の寿命は13年以上 と決めつけている私としては、こんなのがきっかけでトモシビを消されるのは悔しい。

パテの素材を変えたり、FRPを貼ってみても、内側から押し攻めてくるサビには勝てていない事が多く、結局は従来の工法で繰り返されているのです。

 

治す側の苦労はともかく、見た目は良いに越したことはない。

快適なカーライフをお楽しみいただきたいので時折 無理します。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL