目的の再認識を願う。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

🎦 ドラレコの装着を拒む方がよく言うんです 🎤

『 んだって証拠が残るんだべ ✋ 』

「( いや証拠って言い方がそもそも・・・ )」

自分の運転を確認される 🔎 コトや、居場所の特定をされる 🔎 コトが嫌みたいですね。

そんなに後ろめたいのかしら?

まぁ良いや。

 

 

先日、🎦 ドラレコの履歴を隠蔽して、ひき逃げ事故の責任を免れようとした事件がありました。

※ 2022/12/10 上毛新聞社さんの記事参照です。

『 真夜中の道路にしゃがんでいた方を轢いた。』

と聞けば、同情もするだろうけど、救護せずに逃げて、証拠の隠滅を図ったともなれば話は別ですね。

 

後ろめたさは、

「 スマホを操作しながらの脇見運転 」

だったみたいです。

それだけじゃないかも知れないけど。

 

🎦 ドラレコには、事実を明らかにして円満解決を導く、そんな狙いもあると思っています。

死亡事故に於いて、円満なんて言葉はなかなか使えないのかも知れませんね。

それでも当事者が都合の垣根を越えて覚悟を決意すれば、双方の納得には近くなると思います。

この記事を以って、ドラレコ装着への抵抗が増えなければ良いなって思ってしまいました。

 

保身は本能だと思います。

無かったコトにしたい、って思うのも同情します。

私が追突事故を起こした時、そう思ったから・・・

でも、「 救護するんだ 」って何度も何度も自分に言い聞かせましょう。

それが結果、自分をも守ることになるのだから。

不都合を回避する意識より、理想を追求する意識の方が良い自動反応をプログラムするでしょう。

簡単じゃないのは重々承知です。

 

大事な人を想うように、運転の安全を考えよう。

そんな風に思ったのでした。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL