どっちのセーフティ。

自称、安全率の高い自動車整備士、さのりです。

 

オイルレベルゲージにオイルが付かない 💦

”(@w@)…φ 焼失 ?

そんな事実に想うことがあります。

 

 

クルマの安全装備に於いては、アクティブ・セーフティとパッシブ・セーフティってあります。

ABSがアクティブ・セーフティ、事故が起きないように積極的に働く機能ですね。

エアバックがパッシブ・セーフティ、起きた事故の被害を軽減させる機能です。

事前と事後、そんな区別と言っても良いのかな?

 

では、エンジンオイル交換はどっちに該当するか?

セーフティとは意味が異なるかも知れませんが、その性能を発揮させ続ける目的だから・・・

アクティブ、って感じていただけると思います。

 

エンジンオイルが減るのは、重症レベルです。

それでもソコソコ走るから分かりヅラいだけ ✋

パワー不足、燃料浪費、排気ガスの悪化が起きていて、運転者はアクセルを開け気味になっているはず。

気づけない、無意識の範囲だと思いますけど。

”(@w@)…φ 知ラズ 識ラズ …

 

クルマの維持費 💴 は喜ばしい投資 💴 じゃない。

きっとそうでしょう。

でも本当は、本当に、大事な費用なんだよね。

ソコが不透明で分かんないから、遅延させたり知らんぷりしちゃうんです、きっと。

自動車整備士の責任でもあるよな、ごめんなさい。

 

「 📢 能動的にオイル交換をご依頼ください。 」

そして、自動車整備士に依頼するコトで、クルマにはさらなるメリットが起きるはずです。

未来の不都合な費用を抑えてくれるはず。

クルマと付き合うのなら、楽しく安全が理想。

そのための投資です、計画に入れてください 👐

 

みんなのカーライフが豊かであり続けますように。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL