人の集まり。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

静岡県内にて、センターラインをオーバーしたクルマがバイク2台に衝突し、死傷させた。

そんな痛ましい事故を知りました。

 

   2輪と4輪ってだけのイメージです。

 

『 バイクは危ない。』

またそんなレッテルが厚くなるんだろうか?

今回、バイクはまったくの被害者です。

でも、身を守れない乗り物であることは事実です。

 

「 正しく乗ってればバイクは安全だ。」

大型バイクの免許を持つ私の持論も、どうやら過去のものになりそうだ。

たくさんの運転者がいる道路上では、思わぬ被害事故も想定に入れなきゃいけないし、自分が加害者にならないなんて希望でしかない。

無事に帰宅してようやく安全だった、と言うだけだ。

 

問題は、クルマでもバイクでもなくて、人でしょう。

免許取って、クルマ持ってるからって、権利だけ主張して良いもんじゃない。

無事に目的地に到着できるのは当然じゃない。

道路上はたくさんの尊い命で溢れている。

道徳を重んじて、義務を守ってはじめて、権利を行使させてもらえるんじゃないのかな。

いや・・・、どんどん後ろめたくなっちゃうわ。

 

今回の事故で、

『 ただいま 』

って言葉を聴けなくなった人がいると思います。

突然遺族と呼ばれ、大事な人と引き離されるって、どれだけ悲しく悔しいものなんだろうか。

想像してみても、それを越えていくんだろうな。

 

誰かが大事に想っている人の集まり、それが社会。

あらためて大事な人を想ってみます。

そして、理想の安全運転ってのを再考してみます。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL