チャリの課題。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

   2021/05/11 秋田さきがけ新聞さん より

 

秋田県も制定の準備が進んでいます、自転車保険。

自転車の高額な損害賠償は起き得ますからね。

高齢者のヘルメット着用が推奨止まりってトコを観ると、やはり損害賠償責任のクリアが課題なんだと理解しちゃう。

 

個人賠償責任にフォーカスすると、自動車保険に付帯させるのがベターかなぁ、経験上。

加入の有無や重複の確認は、ご自身の家計を守るためにも早期点検が肝心だと思われます。

そして記事にも記載されていましたが、自転車は車両と扱われますから、

 

「 他人に被害を与えた加害車両の運転者 」

「 車両同士による事故の当事者 」

「 道路交通法違反で指導・補導・検挙 」

な~んて言い方もされかねない。

(〃≧∀≦)ゞ 厳格 ナ 表現 ♪

 

クルマと一緒で自転車の運転も、認知・判断・操作が肝心だと思います。

そのためにも速度を抑えて、安全運転しましょう。

 

みなさん快適なチャリンコライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL