消えるブレーキ。

自動車整備士、さのりです。

 

意外に知らない方が多いかも?

後輪のディスクブレーキ、なんですが。

 

 

ご自身でタイヤ交換をされる方だと見慣れた様子ってトコでしょうかね?

ディスクパッドやディスクローターの摩耗具合、ピストンやスライドピンの摺動具合を確認します。

🐘 象さんほどの重量で走るクルマを止めるんだから、その責任って大きいんですよね。

人はブレーキペダルを踏むだけ、ですけど。

んで、ディスクローターを外すと・・・

 

  ブレーキパッドホルダとディスクローターです。

 

 駐車用ドラムブレーキ、視認しづらくてすいません。

 

その内側に駐車用のドラムブレーキが存在します。

4輪ディスクブレーキのミニバンとかSUV の車種によく視られますね。

つまり、同じ車輪に2種のブレーキが付いている。

(@_@;)  何デ分ケルノ ?

 

なんとなくご想像いただけるかしら?

このタイプだと、整備するのに時間が掛かります。

それでも車検整備や1年点検の時しか診られない部分だから、ちゃんと看ないと怖いですよね。

中にはココまで分解せずとも点検を終えれるタイプもありますが、ケアが出来ません。

弊社が短時間車検に臨まない理由は、こういった部分のケアを端折りたくないからです。

安全・安心は当たり前じゃないとご理解いただき、整備に掛ける時間を作って欲しいと願います。

 

ブレーキパッド同様、安全・安心も少しずつ減って行くモンだと思っています。

安心だけを感じてカーライフを楽しんで欲しい。

クルマは都合が良いだけの乗り物であって欲しい。

そのために、安全運転をして欲しい。

 

安全・安心はたくさんの要素から成り立ちます。

視えない部分のケアも大事になされてください。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL