疑いを誘った男。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

とある夕方、お客様が駆け込んで来ました。

😰 ソコでぶつけてしまった・・・ 』

数秒後、相手のクルマ 🚗 も到着しました。

 

         加害車両です。

 

めちゃくちゃ寒い日だったんで、弊社の事務所を取調室に・・・ 、いやいや情報交換場所に提供しました。

当事者1人ずつ 🙎‍♂️ 🙎 と、警察官 👮 と私。

一通りの事務的処理を終えると1時間。

 

ありふれた普段どおりの日常に、突然降りかかったストレス、交通事故。

言っちゃぁ悪いけど、不注意が招いた事故です。

ソコを走行するクルマのすべてが事故してるワケではない以上、自分の非は認めてもらわないといけない。

路面の凍結やタイヤの性能だけが原因ではない。

他人にストレスを掛けてしまってもいるんだし。

 

そしてあらためて、事故対応のお作法を

どんな小さ(  いと感じるよう )な事故でも、必ず警察に届出をしてください。

(〃≧∀≦)ゞ 道交法第72条 ♪

義務である届出を怠ると・・・

👮 お酒が覚めるまで隠れてたんですか?」

👮 誰かの身代わりですか?」

👮 見られたくない物を隠して来たのかな?」

自ら疑いを招く事になってしまいかねないのです。

不都合が無いのなら即、届出してたはず 📳

だから、何らかの不都合が有ったのだろう 🔎

(@_@;)  怖ッ。

濡れ衣とか冤罪は、是非回避して下さい。

不都合は小さなうちに抑えるべきなのです。

即届出する意味、の一部をご理解ください。

 

👮 私は、あなたを疑わざるを得ません。』

16年前にいただいた言葉です。

その警察官さんには今でも感謝しています。

名前忘れたけど。

 

みんなの幸せがプックプクと膨らみますように。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL