訛らせるエモーション。

ドアパンチを喰らっちゃったお客様。

世界最高クラスの安全性を誇る新車なのに・・・

※ 3歳までのクルマは新車と呼ばせてください。

 

 

奇跡的にアウタハンドルだけの被害だったので前向きに考えまして、単純に交換して解決ぅ ♬

なんて部品代を調べるとオーバー1万円でした。

 

「 なしてすったにたげなや。 」

って、怪訝なリアクションを抑えるように理由を探してみます。

 

 

 

すると、スマートキーのアンテナまで交換を強いられるってルールでした。

” ケースの部分だけ差し替える ” って選択肢が無いのは、興味津々マンの欲求を満たす機会を与えてくれてるってコトでしょう。

まぁ、見て終わるんですけどね。

 

 

リコールも一緒に無事完了。

「 どうしてそんなに高いんだろう。」

利便性の追求と部品の高額化は相関するワケですね、致し方ない。

冷静なリアクションに戻りました。

 

風の強い日は、順風満ドアにお気を付け下さいね。

ドアパネルまで損傷が及ぶと、オーバー10万円も有り得ますから。

そうなると保険使うかどうか?  ってシュミレーションを・・・

まぁ、なんか有ったらご相談下さい。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL