擦れる音からの。

『 加速時に異音がする。』

了解です。

 

車体とマフラーパイプの間には、振動を緩衝させるための吊りゴムが付いてます。

これが摩耗すると ” ビビビッ ” とか ” ビリビリッ ” っと振動による異音がするんです。

擬音からは、ポケモンのビビリダマを想起させられます。

画像だと土偶が3体みたいですけど。

左の吊りゴムが摩耗で変形してます。

 

 

モノクロゲームボーイの時代に赤・緑・黃をコンプリートしてポケモンマスターになった。

オーキド博士からお褒めの言葉は嬉しかったなぁ・・・

ミュウツーとユンゲラーだけのパーティ、強かったなぁ・・・

長男が乳児だった頃に・・・ 何やってんだろうね。

まぁ良いや。

 

今回も、耳障りの原因は吊りゴムの摩耗。

どうせ擦れる音なら、鈴虫とかキリギリスの羽音みたいのだったら耳心地も良くて、トラブルとも不快とも感じずに乗り過ごせるのに。

あ、虫タイプだと ユンゲラーは相性悪かったかな?

まぁ良いや。

 

落ち葉が走り回るカサカサ音とか、秋風の冷えたピューピュー音とか。

聴覚ならではの季節感って有りますよね。

時折目を閉じて、聴覚を優先してみると思いも寄らない映像が瞼の裏表に浮かんで、過去を懐かしむなんて楽しみも良いのでは?

(〃≧∀≦)ゞ オモテ ッテ! コワッ !

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL