知らなかった権利の行使。

揉め事には参加したくありません。

きっと誰もがそうですよね。

 

 

” 加害車両が無保険 ”

(# ゚Д゚)  ハッ? 01

10台に1台 は無保険って聴いたら驚きませんか?

事実みたいですよ。

(# ゚Д゚)  ハッ? 02

 

『 ヒトのクルマにぶつけといて、保険に入ってないんだとさ! 』

追突被害の連絡を受けて訪問したら、お客様から聴かされました。

「 警察には届け出を済ませましたか? 」

『 いえ、仕事もしてないようだから、なんか気の毒でね。』

「 (届け出と無職は関係ないのだけど、)そうなると、修理代は誰が支払うのでしょうか? 」

※標準語っぽく修正しています。

 

そんなやり取りから発展した車両保険の行使。

保険会社によっては、” 自分が無過失であれば、保険を行使しても等級が下がらない ” 。

そんな特則もあります、今回がソレに当たりました。

(〃≧∀≦)ゞ ラッキー  ッツーカ ケンリデス!

だとすれば、相手が無保険でも無職でも、心配せずに着工出来ますね。

 

この特則が付帯されてたことを知らなかったお客様、さすがに喜んでました。

アドバイスが活きて幸いだし、こんなのを機会に保険に興味を持って欲しいなって思うんです。

 

ソコら辺で起きている 万が一 への準備。

あくまで契約している補償しか受けることは出来ませんから、契約の知識が無いと言うなら頼れる人に頼る。

事故への対応が出来ないなら頼れる人に頼る。

それでも事故が起きた場合の時間的・社会的なストレスは自己負担ですからね。

人に委ねれる範囲にも限界はあります、ちゃんと考えましょうって話です。

 

しっかし、無保険は勘弁だわぁ。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL