【保険屋さん】被害解消責任。

追突被害車両です。

地味に見えるかも知れませんが、内側のパネルにも損傷が及んでいます。

 

 

未だ1歳の新車・・・
(私は初回車検までのクルマを新車と呼んでいます。)

このまま搭乗者さんの身体に痛みが出ないまま過ぎて欲しいと願います。

事故から1週間後に発症したケースもありますから油断は禁物なのです。

 

その、治療に対する考え方なのですが、

『 違和感は有ったけど、仕事に穴を空ける訳には・・・ 』 そんな理由は実際に聴きます。

私に於いても、少しは無理をしちゃうんだろうな~って予測します。

でも、ホントに治療を優先させて欲しい。

いろんな都合の中で、元気な自分に戻ることこそが 本当の責任感だとされる社会が理想だと思います。

周りの人が受診を勧めてくれれば気も楽だろうな。

また、定期的に受診すること/しないこと  で、生まれない/生まれる誤解が予想されます。

『 そんなに長引く? 』

幻聴ではなく現聴。

本当に痛みが残っている方 にとっては、心身ともに痛み、悲しくなるでしょうね。

そんなストレスは誰でも避けたいはずですから、そのためにも通院・受診してねって話です。

長引くことは、ケガをさせてしまった側にも悲しいことですからね。

 

事故もケガも無いのが一番、安全運転を意識しましょう。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL