【保険屋さん】安全に通過。

交差点通過時に於いて。

 

” 左折時 ” には歩行者やチャリの巻き込みを注意しますよね。

左折予定であれば、交差点の手前から歩道などを注視しながら無意識に準備をしていると思います。

そして、余程速いチャリでも居なければ、想定通りの左折で通過出来るでしょう。

これを前提とします。

 

 

数年前から仕事の都合でバスを運転する機会が増えました。

なかなか運転する機会がない一般の方々には分かり辛いので恐縮なのですが、大型車両の場合、「 本気の徐行をしなければ理想的な左折が出来ない 」と言う事実をご理解していただきたいのです。

重くて、長いから。

そんな単純な理由で、大減速をさせてもらっているのです。

 

『 そんなに時間を掛けないと曲がれないの? 』

後ろでイライラしている方もいらっしゃるかも知れませんね。

でも、想定できる危険を遠ざけるためなのです。

そうして安心・安全を守るのです。

利用されている方々を予定通り、安全に目的地まで送るためでもあります。

私は空っぽのバスで回送運転しかしませんが、朝夕のフル乗車時だと慣性エネルギーも相当で、さぞ運転手さんは気疲れしていることでしょう。

 

スイスイ良いペースで走っている時の、強いられる減速はジャマに感じることでしょう。

それでも、運転の大きな目的は、安全に到着することだと思います。

車体の大小、走行性能に関わらず、” 最も事故の起きやすい環境である交差点の安全な通過 ” を再考しましょう。

あ、右左折も通過 ですからね。

大型車両の減速には、予見と、温かいご理解をお願いします。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL