【整備屋さん】時々妄聴。

『 1本だけ、タイヤの空気が抜けるんです。』

了解です。

たしかに1輪だけ微圧で走行していたようです。

 

 

空気が抜ける場合、

① 釘などが刺さったタイプと、

② タイヤ・ホイールの合わせ面からじわじわ漏れるタイプがあります。

昨年秋に当社で組替えしてますから、当然何かが刺さっているとしか想定したくないワケで。

 

 

そんで、修理可能なエリアに釘が見つかったからホッとしました。

不都合中の幸いってトコですね。

 

タイヤを組み替える作業では、タイヤとホイールの密着度を上げています。

見えなくなる部分ですけど、プライドを以って手を掛けます。

そんな気持ちと技術が、「 漏れるワケないっ 」 てくらいに思わせるんですね。

漏れた事はありますけど・・・

 

『 業即信仰 』

床屋さんから教わった松下さんが、私に教えてくれた大事な言葉。

( 信仰できるほどの仕事してますか?)

その妄想ならぬ妄聴には、たびたび身の引き締まる思いです。

 

まぁとにかく、タイヤを活かせる段階で修理出来て良かったです。

違和感には早期対応をお願いします。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL