リビルトな活かし方。

あくまで普通の自動車整備士、さのりです。

 

初来店のお客さまがおっしゃいました、

『 🎤 ネットで見つけて、マニアックだなぁって 』

「 あぁぁぁ・・・ そうッスか? 」

弊社のホームページってマニアックかしら?

まぁ良いや。

 

来店のきっかけになったのは、

『 ハンドルを切って走ると異音がするんです 』

だって。

「 なるほど。 ( ドライブシャフトだろうなぁ )」

問診でそこそこ原因が絞られる症状です。

 

 

要は油分を失った関節の骨同士が、ゴリゴリ当たりながら運動しているって異音です、痛っ 💦

関節を守ってくれるゴム製のブーツが破れると、泥みたいなのが混入して悪影響を起こしてしまう。

そんな経緯があったはずです。

 

さて、交換を強いられるこの場面ですが、部品の選択肢がいくつかございます ✋

・まるまる一本新品。

・まるまる一本中古。

・まるまる一本リビルト品。

・外側の関節だけリビルト品。

以上4つのコースが想定される中で、信用とコスパな観点から4番目を理想とする弊社。

でも今回はソレが存在しなかったようです、残念。

ってコトでまるまる一本リビルト品を選択しました。

(ΦωΦ)m 3番目 🐾

 

リビルトってのは、傷んだ部品を再生させた物です。

リビルトを避けたいなぁって部品も無いことは無いのだけど、およそリビルトで良いって思っています。

今回のドライブシャフトやセルモーターなんかはリビルトのコスパが良いんだよな。

でもバッテリーのリビルトはその差額からすれば、新品で良くね? って思うコトも。

 

中古品やリビルト品の優先度が低い会社もあるって聞きますが、弊社ではお客さまが了解すれば選択肢です。

正しく永く機能してくれて、お客さまにも弊社にも好都合、そんな目的に合致すれば良いでしょう ♪

選択肢って可能性みたいなもんだもんねぇ ♬

 

あ、そうそう。

ドライブシャフトが不全にならない方法を ✋

ブーツはいつ破れてしまうか分かりません 🔎

だから法定点検はもちろん、タイヤ交換とかオイル交換の時に点検したら良いのです。

だとしたらソレらを誰に依頼すれば良いのか?

そんな遠回しのご案内でした ♪

 

果たして、想像通りのマニアックなお店だったか?

おそらくそんなコトはないでしょうけど、これからも仕事を任せて良いかなって思っていただけたら嬉しいな。

自動車整備は、このブログほどクダケた感じじゃできないから、良い意味でギャップになるのかも?

それは無いかぁ・・・

(〃≧∀≦)ゞ 無イ 無イ 無イ 無イ 、 ナイナイ16 シブガキ隊♪

 

怖いイメージらしいクルマ屋さんを変えたいよね。

そんな想いを込めて、ちょこっとフザけてます ♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL