ソコもおとなから。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

自転車保険ってワードがホットになって、なにやらチャリ側の責任感を促しているように感じます。

『 👮 道交法上、自転車 🚲 は軽車両です。🚓 』

たしかに 🍺 酒気帯び運転も ⛔ 一時不停止も、違反なら罰されて公平なはずなんです。

でもね、って話。

 

 

子どもなら、道交法なんてドーコーホーかと。

(ΦωΦ)   NTTドコホ 🐾

⛔🚸🚫 一時停止等の標識だって、子どもの目線には無いんだし、遵守って言葉と同様に意味が分かんないでしょう。

加えてルールを守ってないおとなを見受ける、痛っ。

子ども相手に道交法遵守を詰めれるかしら?

(〃≧∀≦)ゞ  本当 ニ 痛ッ 💣

 

たいしたルール説明もないまま、自転車 🚲 は筋斗雲の如きただただ便利な移動ツールだと思います。

利用者さんが自らを律するためには、罰則だけを用いて脅かすよりも大事なアピールが必要だと思います。

「 事故は家族親族まで悲しませる可能性がある 」

「 道路上の人はみんな価値観が違うんだ 」

「 誰もみな、無事な帰宅を望み望まれている 」

そんな気づきでも良いし、交通事故の被害者とかご遺族の手記を読んでみるってのも有意義です。

悲しみはもちろん、苦しみとか恨みとか、そのストレートな表現には感情が動くかも知れませんよ。

 

結局は道路を利用する人たちの道徳です。

気づかなかったと躱すコトなく、積極的にゆとりある運転に努めたいですよね。

おとなが見本をしめしましょうね~ ♪

 

みんなの幸せがどんどん膨らみますように 🙏

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL