軽のパッドは減るよ。

自動車整備士、さのりです。

 

「 軽自動車のブレーキパッドは消耗が早い 📢 」

”(@w@)…φ 大型化希望 。

 

 古いのと新品を合わせて持ってます

 

2.2万kmのワゴンRを車検整備 🔧 したんですが、前輪のブレーキパッド(左)が残厚3.0mmでした。

(右)の新品10.0mmと比較すれば、その減り( 危険 )具合が分かります 🔎

ホント、車検ってクルマを救うよねぇ ♪ 🌏

んで、画像中のブレーキパッドなんですが・・・

 

 

ブレーキを利かせる部分は黄色枠で、残厚ってのはココの厚さを言います。

赤色枠は台座、かまぼこの板みたいなもんですね。

…..φ(o’∀’o)  カマボコ~ ♪

ブレーキパッドには摩擦熱が溜まりますから、体積が減るにつれ負担が大きくなります。

だから残厚3.0mmにもなると、自動車整備士はかなり危険だと判断します。

理屈は端折りますが、ブレーキパッドは薄くなってくると偏摩耗も増えがちなので尚更です。

 

まるでスイカ 🍉 の白い部分ギリまで食べるように、

『 まだ残ってるじゃねぇか。』

と思う気持ちも分かりますが、ソコは安全を最優先で整備させていただきたい。

車検時だと交換工賃 💴 も安く済みますからね ✋

場合によっては、

「 1年後の定期点検時に交換 🔧 しましょう。」

ってアドバイスすることもあります。

”(@w@)…φ 安全性 & 経済性 ネ 。

ただし、違和感不安には即点検依頼してほしい。

 

とにかく、軽自動車のブレーキパッドは減ります。

妥協なく整備させてください。

そんなお願いを回りくどく綴っちゃいました。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL