安全な間隔感覚。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

「 前走車がビダっと止まった時、回避できます?」

 

 

要は車間距離の話なんですが、リアルな道路上で適正な車間距離を採ってる人って少ない。

そう思いませんか?

逆にヘタしたら、

『 な~にチンタラ走ってんの? 』

の如く割り込みされたりね。

 

でもね、前走車の事故だったとしても、ソコに突っ込んでしまったら事故の当事者です。

過失ゼロじゃない限り、加害の責を負います。

前走車のせい、じゃ済まないんです。

悲しむ人が増えてしまうかも知れません。

ソコを再認識の上で、車間距離を考えてください。

 

「 前走車が突然0km/hになんてならない、だから実際の車間距離は狭くても良い。」

この考え方にも反対ではありません。

だから、カーブの連続する道路とか、市街地とか、右直のシーンとか、台数の多いシーンとか。

危険を想定できる場合だけでも良いんです。

車間距離を採れないなら速度を抑えたら良いんです。

無事に帰宅する目的で運転して欲しいってコトです。

 

後続車のライトが近く感じると怖いもんですよね?

そんな意味でも車間距離は安全・安心に影響します。

みんなで安全・安心な交通環境を作りましょう ♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL