確信を重ねる現場。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

事故対応に当たった時の切り抜き画像です。

すべて私見で綴らせていただきます。

 

 

お客さまから事故の連絡 📲 が入ると、極力現場に向かいます、あくまで極力ですが ✋

現場を知る大切さを知っているからです。

そして現場では、ほとんどの場合、当事者よりも私の方が事故への対応力が高いと感じます。

当事者と警察官 👮 に交じって現場検証や事実確認を進めるケースも少なくないんです。

 

客観的に、起きた事実だけを、当事者さんのすべてと確認するのは簡単とは言えません。

それは、主観がジャマするとか言うだけでなく、動揺している人の記憶は消滅が早いからです。

「 事故した瞬間から、記憶はどんどん消える。」

事故に於いては特に、そう確信しています。

脳は不都合を避けたいから、でしょうかね。

ヘタしたら、自分に都合良く、本当の事実が省略・歪曲されていってるかも知れない。

それはそれで人らしい、そんな皮肉も浮かびます。

※ 本件とは関係ない主観です。

 

ドラレコを推奨する理由のヒトツがココにあります。

画像証拠って、強力に解決を早くしてくれます。

記憶を補助してくれる存在は、結果的に余計なストレスを防いでくれる、そんな言い方もできます。

事故のストレスに、嫌な思いをされた事のある方なら分かっていただけるでしょう。

 

画像証拠って大事。

その画像が好都合だろうが不都合だろうが、1日も早い解決がどれだけ心を救ってくれるか。

経験則がそう思わせます。

 

あらためて・・・

譲り合い・助け合いで安全運転を励行しましょう。

どんなに些細と感じる事故でも、必ず警察へ届出する義務を守りましょう。

ドラレコを活用しましょう。

家族や家計を守りましょう。

 

日々、こんな想いでクルマ屋さんと保険屋さんをハイブリッドしてます。

みなさんの幸せがどんどん膨らみますように ♬

どうぞよろしくお願いします。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL