まるでクレバス。

板金塗装も頑張る さのりです。

 

👌 任せてください、治します 🔨🔧

なぁんて、簡単に言えないのがクォータパネル。

 

 

『 見積りください。』

って言われてさ、フリーズしてるように視えるかも知れませんがソレは、すっごい考えている証です。

 

治す。

その言葉の内側には、変形を復元させるって意味と、交換するって意味があります。

完成後だと外見では気づかないと思いますが、請求額がそもそも違うし、車体に掛かる負担も違います。

要は前者で済んでくれると好都合。

 

 

折り紙のようにグチャったパネル。

さて、どう向かおうかしら?

向かったところで復元するのだろうか?

⌚⏰🕐・・・

 

 

あくまで今回は、バンパーも含めて復元出来ました。

部品代が浮くのもそうですが、車体の負担が少なくなった事に喜びを感じます。

スタッフ澤さんの腕っぷりに拍手な物語でした ♬

 

クォータパネルを治すって点に於いて、復元と交換は想像以上の境目だと思います。

まるでクレバスを渡るみたいに慎重に進むんです。

(〃≧∀≦)ゞ 冒険家カヨッ ♪

「 ある程度作業を進めないと分かりません。」

そんな返事をしてしまうのは、真剣に取り組んでるからだと思っていただければ幸いです。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL