飛び交え言霊。

交通安全を願う さのりです。

 

転落事故したクルマで、後部座席の高校生2名がお亡くなりになってしまった。

そんな事故を知りました。

乗員4名すべて10代だったそうですね。

悲しみ以外にもいろんな感情が複雑に渦を巻いて、たくさん憂鬱が生まれてしまうのだろうと想像します。

 

 

後部座席の、って記事を確認して思います。

「 ベルトって? 」

危険や被害の想定もなく、育ってきた環境としてシートベルトをしていないとすればそれは、大人の責任だよなって。

しっかり私もミスを感じています。

『 あなたが、大事だから 』

法律よりも本当の理由を伝えるべきですね。

 

現場に散乱した私物がすごく悲しく見えました。

もう使わない物かも知れないけど、ご家族はずっと保管し続けるのだろうな。

 

認知能力の散漫とか、判断の遅れとか、操作の未熟ももちろんあるでしょう。

それも含んで、社会は運転免許を与えてくれます。

そこから先は当人次第で、その集団が交通社会を形成しているのだと思います。

仮に事故が万が一の確率だとしても、その分子が最初に起きる可能性をバカにしちゃイケない。

被害者とか加害者って宛て名を、ヒトゴトとして聴いてちゃイケないのです。

子供たちにどう伝えようとすれば伝わるだろうか。

ウザいだろうか?

 

「 ただいま」も「 お帰りなさい 」も尊いですね。

当たり前じゃない想いの言霊たちが飛び交えばきっと、幸せはどんどん膨らむはず。

安全運転やシートベルトの本当も、大事な人に伝えようとしましょう。

クルマは好都合なだけで在って欲しいです。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL