1st. 車検で。

自動車整備士、さのりです。

 

初回車検までの期間 が最もクルマを朽ちさせる。

そんな言い方は大げさではありません。

3年分の疲れをケアしました。

(〃≧∀≦)ゞ sanori mechanical clinique ♪

あ、1年点検してれば別ですけどね

 

 

前輪ブレーキパッドはサビの影響で摺動性が失われていました、ギッシギシ。

制度的にはここまで分解しなくて 🆗 だけど、こだわりのケア 🔧 をするためにはね ♬

悪いけど、短時間を求める車検ではここまで時間を割くことは出来ません、あしからず。

 

       内側がサビやすいです。

 

サビは内側に起きやすいので、点検しやすい外側だけ視て 🔎 、スルーする方も多いでしょうね。

何度も記載して恐縮ですが、初回車検が肝心。

未病とか初期症状のケアってスゴく大事です。

 

ブレーキオイルはこんな感じ。

 

     あ、キャップ外しちゃってた。

 

液面が見やすくて 🤪 良いのだけど、それは汚れ。

3年分の汚れが境目をクッキリさせています。

 

     規定量が入っている状態です。

 

システムの末端から全量交換すると・・・

🔎 境目が分かりませんね、キレイ過ぎて。

あぁ、気持ち良い。

 

ボンネットオープン商法に挑んだスタントマンが、

『 ブレーキオイル、入ってませんよ! 』

って始まる物語を何度か経験しています。

まぁ良いや。

 

車検ではお得 💴 にブレーキケアが出来るんです。

不透明感が否めない車検って商品だけど、ブレーキ整備はその責任感から、時間を掛けたいと思っている整備士が多いと思います。

安全・安心を求めると言うか、危険・不安を避けると言うか・・・

とにかく信用を得れるように整備から尽くします。

 

ご理解のほど、よろしくお願いします。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL