親心のカタチかしら?。

親切なメーカーが好きな さのりです。

 

とあるクルマのエンジンルームに、日常点検のご案内が有りました。

他のメーカーで見たこと有ったっけ?

 

 

 

この案内は、ユーザー用。

日常点検はユーザーの責任なんです。

せめて、このくらいは自分で管理せぃ、って国が言ってる。確か。

整備士からすると、とても簡単な管理です。

だけど実際、多くのユーザーさんの本音はこうだろう。

” 面倒だな・・・  ”

本当は私も、そう。

 

松下さんは、自分が納めた商品を娘さんに例えて、嫁ぎ先での様子まで気になるのが親心だと仰ってました。

でも手作りな時代と違って今は、パカパカとユニットで量産して、商圏も世界中。

親子が交信するのは難しい時代かも知れない。

それ故に、本田さんの想いが、

『 ( ユーザーさん、我が子をよろしく。)』

って感じの親心をメッセージボードに込めたかも知れませんね。

17歳のクルマなのに、エンジンルームに在るのに、色褪せず、ちゃんとキレイに主張しているし。

継続を推す弊社としても、似た方向性の安心感を覚えるのでした。

 

ともかく、点検することでクルマは救われる。

ユーザーの心構えって大事ですね。

そんな気持ちに寄り添える弊社で在りたいです。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL