思い出の圧力。

エアコン整備も自社施工の さのりです。

 

寒暖差が大きいと感じる今日このごろ。

『 エアコンがまったく効かないんです。』

了解です。

 

 

実はあと2ヶ月も経たないうちに新車が納車されるお客様。

だから、ココで修理費用をドカンと掛けるのがもったいないんです。

まぁ、ガス補充すれば大丈夫でしょう、って軽い気持ちでしたが・・・

ゲージマニホルドで測ってみても、圧縮なし。

 

 

真空引きしても、まったく負圧になりません。

(〃≧∀≦)ゞ スッカスカ ♪

怪しい部分を調べていくと、とあるジョイントが破損していました ⚫~*

経年劣化?

快適の代名詞、エアコンが効かないなんて気の毒なんですが、費用の都合もあって修理を諦めました。

納車までは自然の風圧で我慢するそうです。

 

クルマあるあるです。

下取りを気にするとか、新車のカタログを集めるなど、代替えを匂わせるとクルマは故障しがち。

もちろん偶然だし、今回は代替え決定後なんだけど、な~んかクルマに人間性を感じたり同情もするんです。

多くの方が経験してるんじゃないでしょうか。

 

もしかしたら・・・、いや、おそらく最後の整備機会だったと思います。

慌ただしく、さらに修理しなくて申し訳ない。

クルマを送り出してから、そんな風に思いました。

(# ゚Д゚) /   遅イワ !

 

野球道具たくさん積んで、子供たちの成長にずっと寄り添ってきたクルマですもんね。

あと少しの期間を、ギュッと詰まった思い出たちと共に楽しんでいただきたいと願います。

お別れはツラいだろうな~。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL