最先端な朽損。

タイヤ交換の時期になると気になって仕方がないので・・・

ハイブリッド( HV )車 や 電気自動( E )車 ユーザーへのアドバイスです。

 

 

HV車や E車は、アクセルペダルを離すと、エンジンブレーキのような減速が起きますよね。

バッテリーの充電をすることが目的です。

バッテリーメーターを満タンに近づけたく心理も起きると思います。

でも、その反面、ブレーキの踏み込みが優しくなってディスクロータが錆びやすくなっちゃう。

ブレーキを踏むからディスクロータがサビずに済んでいるってのが、ブレーキ側の都合なんです。

 

上の画像は、NOTE e-power の Sモードを多用していると思われる右前輪ブレーキです。

ディスクロータの大部分がサビちゃってるのが見て取れます、心配ですね。

こうなると、修理のご案内を強いられるワケです。

最先端の技術を楽しむのと引換えに、な~んか複雑。

 

あっちの都合と、こっちの都合。

大前提で降雪地域の不都合も影響していると思います。

メーカーさんは想定していただろうか?

 

タイヤ交換に於いても、整備士の目や手があちこち確認しているのです。

ただのタイヤ交換じゃないってワケですね。

もちろん、このユーザーさんにもモードの使い方をアドバイスさせていただきました。

事故はもちろん、予期せぬ出費も極力手前で抑えられるのが我々の存在価値でしょう。

そう、実は冗談言ってニヤニヤしてるばかりではないのです。

(〃≧∀≦)ゞ ゴカイナノヨ~ ♪

 

たまに真面目なアドバイスもするのでお聴き逃しの無いようにお願いします。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL