事故後の能力欲求。

ちょうど一年前に。

(o・ω・o) トラブリュ~?

 

 

冗談を言ってる場合ではない話です。

お客様は今も身体と心に痛みを引き摺っていて、今も解決していません。

信号機の有る十字路交差点に於いて、明らかな信号無視による衝突の被害に遭われました。

お相手からは1年間、お見舞いも謝罪の言葉も無し、だそうです。

相手の自動車共済組織に於いても、こちらから催促しないと動かない、そんなムズムズした1年と成ってしまっています。

とても残念な対応だと感じてしまいます。

 

 

そして、私が私自身に思うトコロも有って。

自動車保険の契約を結ぶまで、には経験も知識もそれなりに有るのでソコソコ堂々としてたのです。

でも、今回のように1年も引き摺るような事故になると、役に立ててない事を思い知らされています。

相手保険組織、こちら側の保険会社、弁護士さん、そして当事者さんの見方がそれぞれなのに対して、賛成も反対も出来てません。

根拠になる知識を持ち合わせていない躊躇いが理由だと感じています。

症状とか経過時間とか、そもそも過失割合の主張とか。

もちろん、イチ代理店が首を突っ込める場所でないことは承知なのですが、お客様の半歩先に寄り添うのを理想としている私にとっては勉強が足りてないって気付き。

 

未だ解決していないながら、この件の悔しさを飛躍の糧にしたいと思っています。

また、望まない争いを防ぐためにも、みんなが事故に遭わないような活動にも努めます。

みなさまに於かれましても、是非安全運転を励行していただけるようお願いします。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL