オマケ点検効力発揮。

ファンベルトの調整で入庫したクルマに於いて。

 

リフトアップしたついでに各部点検してみると、グリスの汚損が。

 

 

ドライブシャフトのインナ・ブーツに亀裂の恐れあり、です。

シャフトを外してみると、小穴に見えますが、亀裂がありました。

タイヤと同じ回転をするので、遠心力でどんどんグリスが飛び散るワケですね。

 

 ジョイントをグリグリすると、プチっと出てきます。

 

ってコトで、ブーツの交換です。

 

グリスの交換も目的なのでガッツリ分解します。

グリスは、金属のパーツ同士が削り合わないように潤滑する、地味だけど重要な役割です。

どうしても早さ、安さをお求めになられる方の場合はここまで手を掛けません。

 

 

グリスでグッチャグチャになったジョイントを分解して、偏摩耗とか傷が無い事を確認して、キレイにしてから組み直します。

たくさんの根拠とか工夫や技術が有るんだろうな~って思いながら作業を進めます。

この時間が、な~んか尊いと感じてしまいます。

 

ベルトの調整を機会に早期解決出来たトラブル。

普通に乗ってたら気付かない部分なので、タイミングが良かったと捉えましょう。

早期発見・早期治療が大事なのは身体もクルマも一緒。

オイル交換とかタイヤ交換の機会には、リフトアップしてオマケ点検する会社とか整備士を選ぶと得ですね。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL