クルマを修理するだけの立場で。

『 追突事故を起こしてしまいました。 』

了解です。

さてさて。

 

 

おクルマの鈑金修理見積り額は20万オーバー  💥 。

見た目以上にボディの損傷が及んでいる印象でした。

そうなると、失礼ですが 支払い能力の持ち主かどうか?

も、心配になってしまうのです。

 

「 自動車保険は加入されてますか? 」

ただでさえ、望まないトラブルにバタバタしてる中で、ご自身でも契約内容を把握してないのに、” 証券が見当たらない ”  ” 保険会社が分からない ” なんてなると、我々もどうクルマの修理をサポートし始めて良いのか分からない。

「 ( そもそも保険に加入してんのかな? )」 なんて訝しくスタートする事になってしまいます。

だから、せめて保険証券は車検証と一緒にしといてくださいね ってお願いをココで。🤚🤚🤚

 

相手当事者さん、間接的に迷惑を掛けてしまった方や施設、警察・消防、保険会社・代理店。

事故には、たっくさんの人が絡むので当日だけでも精神的負担で ヘトヘトなのに、ヘタしたら数ヶ月間 ストレスを背負い込みますからね。

さらに、家族や職場の方々にも後ろめたい気持ちが起きるでしょう。

サポートしてくれる人を見つけとく事と、困らない保険を買っとくって大事だと思います。

んで、今回のお客様は 車両保険にも加入されてましたから、ホッとしました。

 

今回の修理に絡む内容を確認させていただくと・・・

☆長期3年契約の1年目。

☆等級は20。

☆車両保険はいわゆるフルカバー。

☆自己負担金 10万。

☆代車特約は無し。

ほぅほぅ。

 

損害額 20数万円のうち、10万円は自分で支払うって約束ですから、保険会社が差額を負担するって計算式。

代車使用料は、満タン返しで妥協。

(〃≧∀≦)ゞ キギョー ドリョク♪

長期契約は、満期まで保険料が変わらないってメリットがありますから、あと2年は財布を守れます。

そして3年間で1度の保険行使なら、更新時の等級は19 ( 20 + 2 – 3、ただし事故有係数適用 )で済みますから、ココでも経済的ですね。

この後は事故の無いように気を付けて運転して欲しいと願うばかりです。

修理工程はパカパカとパーツを交換する感じで、我々のクルマを治す魅せ所 🛠 が少ないのは残念でした。

 

 

納車時には、『 新車みたい ♬ 』って。

精神的疲労が続いているだろう中で、少しでも喜べる材料になって良かったです。

くすんでたヘッドランプも新品になったし、そのときめきがあらためて安全運転への意識付けになってくれれば幸いです。

 

クルマの修理は済んだけど、自己負担金 のお支払い、警察絡みや保険会社との手続きはまだまだ続くでしょう。

お相手さんのケガも、気持ちの収束を遠ざけると思います。

今回のような、自動車保険代理店としての役割が伴わないと、仕事全体としては気楽です。

ただ、アドバイスの自粛 が発生するので、クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッドを躍動させたい欲求がムズムズさせるのも事実。

 

どうしても自動車事故は不都合ですね。

みんなで安全を意識した運転に心掛けましょう ♪

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL