事実を証明する権力。

お客様( 父 )が追突被害事故に遭った、と 娘さんから連絡を受けました。

とりあえず、ケガはないようです。

 

 

 

今回の話題は ” 警察への届け出 ” です。

 

結論を先に述べると、「 絶対に届け出をしてください 」なのです。

『 このくらい・・・  ( 届け出しなくても )良くない? 』 よく聴く話です。

いろんな不都合に感情が揺れる事も有るでしょうから、同情もします。

 

今回は、

① 警察に届け出しないで欲しいと懇願する加害相手。

② それを『 気の毒だ 』 と受け入れそうになる 被害の( 父 )。

③ さらにそれを第三者であり、被害者の娘が諌めて 警察に連絡をした。

ってストーリーで、結局 相手保険会社まで話が通ったので助かりました、良かったです。

 

” ちゃんと ”  相手の情報が正しくて、賠償するべき額を支払って、きれいに済んだ話もあります。

もしかしたら、多くの方が 『 普通問題なく終わるでしょ 』 って思うかも知れません。

でもね、事故の事実を証明してもらわないと、えらい目に遭うかも知れないんです。

それを証明してくれる窓口が警察なんです。

 

( あなたも動いてたでしょ? )

って、相手の証言が変わったらどうしますか?

( あなた、逃げたのですか?)

現場を立ち去ってから、相手が警察を呼んでいたら どうなるでしょう?

 

( 身代わりですか? それとも 酒気帯びだったとか?)

そんな誤解を浴びる可能性が有ると想像してみてください、実際 有りましたから。

 

娘さん夫婦の判断と行動に感謝です。

賠償能力が無くて、保険に入ってない。

そんな方も居ますから、いろんな条件に対応するためにも ” 届け出をする ” を常識としてくださいね。

弊社としても、誰が支払うのか分からない修理は避けますから。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL