【整備屋さん】樹脂 vs 金属。

『 1年くらい開けれてないんだけど、グローブボックス何とかなる? 』

了解です。

 

 

「 あ、ホントに開かねぇ 」

ノブが ガッチガチ でまったく動かないし、裏から攻める手立ても無い。

それでも何っとか開けちゃうんだから、自分で自分を褒めてあげたい。

(〃≧∀≦)ゞ アリモリユーコ ♪

 

       中の物は寄せました。

 

開いた~ ♪ と喜んでる場合じゃなくて、なぜノブが動かなかったのか?  って興味津々。

こんな時でもないと、オープナの構造を知ろうとしないですから。

 

 

出てきたのはノスタルジックな雰囲気漂うシリンダちゃん。

これは鍵を差し込んで回すタイプで使うヤツじゃないだろうか?

流用させたのかな?

動きとしては、直進するノブがシリンダを回転させている。

ベクトルを無理くり斜めに変換するんだから、無理が掛かるでしょう って感じ。

しかも金属と樹脂の接点で摺動させるから樹脂側が削れる一方。

油切れと、削れた隙間の分だけガタが出て、突っ掛かってたのが原因でしょう。

シリコングリスのケアで滑らかに動くようになったから終わり。

ついでにドアヒンジにもプシュ~っと。

 

こんなトラブルだって、部品交換になったら それなりの価格でしょうね。

しばらくはこれで使ってもらいます。

 

興味津々で向かったトラブルも、解決しちまえば 「 なんで開かずの扉を1年も放置してたか? 」 に興味が移ります。

まぁ良いや。

次なるワクワクを求めることにします。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL