【保険屋さん】錯誤含めの。

いろんな錯誤や誤解ってありますね、錯視だけじゃない。

 

気配を感じたり、空耳もそうかな?

『 今度、呑みにでも行きましょう 』

って社交辞令に、

「 おっ、そうですか。 じゃ~、いつ? 」

って返答する私の感覚もその一部なのかしら。

 

 

ネッカーキューブ ってあります。

目的の本当こそ忘れましたが、私はコレを黙って見てると、動いてないのに2通りに視えてしまう。

これを知った時に諭された気がしました。

同じモノでさえ違って視えるくらいなのだから、人の判断や考え方だって瞬間で変わり得るだろう。

昨日と今日で言ってることが違う人も、虚言癖や無責任なら困るけど これも有り得るワケで・・・

固定観念に対峙してる、最善を欲求しているって考えれば、ソコには勇気が発生してるんじゃないだろうか? くらいに思います。

 

スポ少で野球の指導者をさせてもらっていた頃にも、子供たちにこのイラストを見てもらって説明しました。

イラストを見た数秒後から、『 あ~っ、変わったぁ 』『 え? 何で 』『 コーチ、何したの? 』

そんな かわいい子供たちに、「 見えてるものは一緒なのに 変わっちゃうべ? それでも正しいんだよ。」

「 その瞬間瞬間でどんな判断が出来るか なんて分からない、だから自分を信じてプレーしような。 」

その時はピンとこないかも知れないけど、いつか ネッカーキューブ と再会した時に何かを考えてくれれば良いなぁって気持ちで。

” 自分がしたいプレー ” よりも  ” 大人に怒られないプレー ” を選択していた数人に対するメッセージでもありました。

(〃≧∀≦)ゞ ハナシ ガ ソレタ~ ♪

 

人は錯誤・誤解する生き物だから、間違いとか思わぬ判断は致し方ない部分も有るでしょう。

でも、クルマの運転に於いては 突然 人様の命を奪いかねません。

だから たとえ間違ったとしても修正出来るゆとりを、自分で、用意しないとイケない。

そのために速度制限や車間距離の目安が有るのだな。

残された人になって知る悲しさ・無念さ・後悔。

消極的に訪れる機会だけに、極力遠ざけたいですね。

どうぞ安全運転の徹底を決意しましょう、一緒に。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL