【整備屋さん】伝われぇ~。

” 車検 ” は買いたい商品ではない。

だから、投資額は少ないほうが良い。

私も健康診断のたびにそう思うので、重々承知なんです。

 

ただ、少なくとも数ヶ月で危険に晒されると想定できる状態を看て、

「 安くって言ったから、スルーしゃっす♪ 」とは出来ません。

ブレーキなら なおさら。

 

    ほぼベースだけのブレーキパッド、危険でした。

 

この度は、初見で2回目の車検のお客様。

” あるある ” ですが、初回の車検ではほぼスルーだったようです。

だとすれば、誕生から5年間 消耗しているってコトで。

だから2回目の車検って投資額が膨らむケースが多いのです。

 

低価格をご希望されるお客様に電話でブレーキのケアをお願いしました。

それでも拒否なら致し方ない。

結果として、ブレーキパッドの交換をさせていただきました。

( 安心・安全を取り戻して欲しい私の気持ちは伝わっただろうか? )

( 売上げを伸ばしたくて必死な人 だと思われてたら悲しいな。)

そんな主観を打ち消すように、指先に集中します。

 

  ブレーキドラムの表面も気が向けばケアしてます。

 

” 壊れてないのに修理する ”

医学で言う未病と似ているって感じます。

どうやったら真意が伝わるようなコミュニケーションが出来るか?

人見知りの私にはまだまだ難しいテーマですが、お相手を想う気持ちと丁寧な姿勢を心がけて応対出来るように努めます。

クルマにもユーザーにも、選択いただけるクルマ屋さんになりたい。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL