【保険屋さん】ビデオ判定。

ドライブレコーダに残された証拠。

交差点内の 右折車 → と 直進車 ↓ の事故です。

 

 

信号が ” ” に変わりました。

こちらの車両は交差点内で右折待機していたため、交差点から抜けないといけません。

進行方向(右側)を注視しながら通過します。

( ※カーブしている時は、”運転者の目線”と”カメラの目線”には角度のズレが生じる事 に気付きました。)

 

 

通過中、カメラ画角に突っ込んで来た この軽トラは、最初の画像で停止線の向こう側にいました。

つまり信号無視 😡 です。

この直後、衝突しています。動画ですから生々しく、心臓がギュッとします。

 

秋田県警にドラレコのデータを提出して、軽トラの信号無視(著しい過失)を認めてもらいました。

事故証明に明記されるでしょう。

右折車両の注意義務が注目されるケースのため、証拠画像が有って本当に助かりました。

(それまでは当方のお客様が悪者のように対応されていたそうです・・・)

相手保険共済の方も画像を視ながら仰いました『 信号無視ですね、しかもノーブレーキ・・・ 』

 

 

お客様は治療通院を強いられています。お相手もそうでしょう。

 

信号が赤に変わって、しばらくしてからの交差点進入。そしてノーブレーキ。

なぜ? 止まらない憶測と憤り。

 

身体の痛み、逸失する財産と時間、家族や同僚への負担、計上できない被害も多いでしょうし、結末がいつかも分からない。

ホントに安全運転して欲しいって願います。

 

ドライブレコーダを装着していたから、(ほぼ)潔白が認められた事故。

もし、画像記録が無かったら、押し問答や水掛け論が続いたでしょう。

みなさんがドラレコを付けてくれればと願います。

購入も取付もご自身で出来ますから、安心・安全はご自身で用意出来るんです。

すべてが幸せになって、すべてが幸せで居続けることが出来ますように。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL