【エアコン整備】心臓部分解。

エアコンのコンプレッサーがロックするトラブル。

「 異音には気付いていたけど、効いてるし、ギリまで使っちゃう。」よく聞く話ですが、エアコンでは御法度です。(〃≧∀≦)ゞ ゴハットトリック ♪ -3テン!

 

経験則では即交換の症状なのですが、何とかなんないかな? って分解してみると・・・  (@_@) Let’s look inside !

コンプレッサ バラしてみた。
     コンプレッサ バラしてみた。

潤滑不足で内部パーツが傷だらけのローラ でした。

コンプレッサーの分解整備も数々経験していますが、こんなカラカラに乾燥している内部を見たことはなく、あきらめて交換しました。

これまで、途中でオイルを足すことがなかったのですが、ちょいと考えを修正する必要がありそうです。

 

エアコンシステムでは、ガスを霧吹きしています。

今回みたいに内部が削れ、破片とか粉がシステムに乱入すると、システム全体に致命傷を与える恐れがありますから、早期修理が必要なのです。

当社で修理しても、エアコンは高額請求になりやすいですからホントに用心ください。

当たり前の快適ほど喪失感ハンパないですからね。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL