【ボディ整備】ロシアンルーレット。

「 給油口のフタっこが壊れてしまった 」 と来店したお客様。

ホントに このクルマのココは よく壊れる。

だから、給油に必要なスペース分だけ、そ~っと開け閉めする。なんてテクニックも使うんですが。

プラプラのフタっこ
   給油口を真上から視ています

朽ち方を診ると いつも通りの『 サビ 』が原因による金属疲労。

ガソリンスタンドで支払ってくれると言うのですが、お客様も ”そろそろヤバいかも…” とは感じていたそうです。

な~んかスタンド(のスタッフ)が気の毒ですねって言っちゃったら、「 俺もそう思ったんだけど、払ってくれるって言うからさ 」と。

 

んじゃ遠慮なく。と思ったら、そのスタンドは私も利用しているお店でした。事情を知って心配していた先輩スタッフさんは、修理するのが当社だと知ってホッとしたらしく、「 そのスタッフが勝手に支払う約束をしてて困ってたトコ。知り合いで良かった、安く治してな」って無邪気に言うのでした(笑)

こんなやり取りが出来るのも普段の関係性が良いからだと捉えて、円満解決へ協力させていただきました。

 

構造への不満は寄せといて、破損が近いとか、不具合が起きている旨はハッキリとユーザーに伝えるべきだなって確認出来ました。

確かに、何も告げずにやり過ごしたほうが無難ってコトは多いですけどね。

末永くお付き合いするためには、お互いの想いを尊重して、相違を受け入れ合える対等な関係が大事だと思います。

どう思われるだろう? って懸念も結局自分の思い込み。自分とのコミュニケーションが難しいってコトですかね。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL