【電気整備】落ちない電気。

稼ぐクルマがトラブると 仕事に穴が空きますもんね。

(〃≧∀≦)ゞ ゲンバガオレヲマッテイル ♪

エンジン始動不能の故障探求をしていて勘が反応したものですから、クルマの左側面を確認したら 確信しました。

マイナス端子が サビて 電気が落ちなく(流れなく)なっていたと言うオチ。

サビを落として終了!

電気整備ってヤヤこしい事例が多い中で、テスターも使わない 膝カックンみたいな整備でした。

電気整備
電気整備

まぁ、推測がスピーディに的を射たってコトで素直に直感力を喜びます。

あとは目一杯稼いでいただきましょう ♬

 

ところで、このクルマにはバッテリーが2個装着されていました。

その場合、12vと 24v どちらか把握していないと、電気トラブルにつながる危険があります。

このユーザーさんも迷っていましたので、アドバイスを。

 

☆ブレーキランプなんかの電球には規格が記載されているので確認する。

☆ バッテリーが直列つなぎなら 24v、並列つなぎなら 12v です。

☆ はじめから整備士に委ねる。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL