親としての権利。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

「 思いがけず・予期せず・意図せず 」

事故って言葉にはそんな定義が示されています。

これを前提に綴ります。

 

 

運転免許を取ったコトすらない者が事故を起こして、同乗中の子どもたちが死傷した。

( 2022/05/16 産経新聞社さんの記事を参考にしてます )

言葉を失う出来事が起きてしまったようです。

子ども3人が車外放出されたと書いてありますから、前席の両親だけがシートベルトで身体を守ったのかな。

でもこれは他人事で躱すのではなく、あらためてみんなで厳しく、意識付けしましょう。

 

子どもと過ごす権利を一部手放した。

同じ親という立場から、その両親の重大な過失を責めるよりも、重大な喪失を気の毒に思いツラくなりました。

どんなに悔いても戻らない時間、事実、家族。

クルマの運転行為と不幸を繋いで想定するコトができなかったばかりに・・・

 

運転の安全とか、家族の存在とか、未来の笑顔だって、それは希望であって当然じゃない。

そして、クルマが事故を起こすのではない。

ソコ、今一度確認しませんか?

 

みなさんの幸せがどんどん膨らみますように 🙏

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL