そこまでの危険に。

クルマ屋さんと保険屋さんのハイブリッド、
損保プランナーの さのりです。

 

右折車が多い交差点手前でよく見る光景。

一見スイスイと進めそうな環境ですが、

「 そこまでの危険を感じてますか? 」

って話です。

 

 

 

停車までの速度推移には個人差があるようです 🔎

走り幅跳びみたいにギュッと停まる人もいれば、和泉元彌さんをマネするチョコプラみたいな人もいる。

(〃≧∀≦)ゞ ソロリ ソロリ ♪

安全なのは後者のそろりそろり派ですよね?

突然車線を変えるクルマがいるかも知れない。

画像のピカチュウみたいに、隙間から横断しようとする人がいるかも知れない。

『 横断したヤツが悪い。』

と思うかも知れませんが、

「 横断した方も悪い。」

と、世間は変換しますので注意してください。

 

 

見通しが良いのと安心安全は別物です。

運転者は危険の想定や予見を求められます。

認知・判断・操作の手前にある心構えです。

停止位置の手前、運転行為の手前、安全・安心は足元から整えないといけませんね。

 

みんなで安心なクルマ社会を築きましょう ♬

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL