もやしボルト。

自動車整備士、さのりです。

 

冗談を言います。

「 ツチノコを発見しました。」

冗談を終わります。

 

『 DPFが作動するとマフラーから勢い良く排気ガスと煙が吹き出す。』

そんなトラックが入庫しました。

点検整備を担当したスタッフJから受けた報告は、

『 ボルトがなくなってます。』

(〃≧∀≦)ゞ チョット何言ッテルカ分カンナイ 。

 

 

🔎 ガッチリ締め付ける役割のボルトが、もやしみたいになっちゃってました。

恐るべしサビ( 酸 + 熱 )+ 振動。

”(@w@)…φ   オキシデーション & バイブレーション 。

 

そんなに古いクルマでもないし、運転者さんに何かしらの落ち度があったワケでもない。

要は不具合発生次第の手当て 🔧 となるわけです。

 

到着した新品のボルトは鉄製でサイズも同じ。

対策はされてないってコトです、だろうな。

何年耐用するかしら?

興味を持ってお付き合いさせていただきます。

 

あ、そうそう。

排気ガスは健康被害にも繋がりかねません。

違和感をおぼえたら即、点検を依頼してくださいね。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL