スタッフ佐藤の 『車と無関係かもしれない話』029

スタッフ佐藤の 『車と無関係かもしれない話』

 

第29回 《振り向けば、ビートファイターACE》

 

休日にとあるショッピングモールに行ったところ、少し遠くから、ただならぬ気配を感じました。

二度見して、少し歩いてまた二度見してしまいました。

そして『 おおっ!ビートファイターACEだ! 』ってなります。

すると何か持って、走ってこっちに来ました!!

しかも中身が本人だから、普通にしゃべってくる!

 

 

5月9日にアルヴェでご当地ヒーローショー。

『オレアキ!』俺たち秋田のヒーローです!開催!

調子に乗って記念撮影をお願いしました。

 

 

以前、ビートファイターACEとビートファイターJACKが弊社に来てくれて、とても礼儀正しい2人だった記憶があります。

(実は私、社長と会話している後ろの席にいました)

コスチューム姿で、いわゆるヘルメット?部分だけを外した状態でも活動している彼ら。(←珍しい)

 

ヒーローとしての責任感、自信に満ち溢れた表情。

大人でもパワーをもらえます。

さらに、スーツ(コスチューム)制作もこなす能力。

制作の苦労話を聞いただけで尊敬しちゃいます。

自動車には可動部分が多々あり、防水性、耐摩耗性、耐油性、耐ガソリン性、耐熱性、なんやかんや。

様々な部分に厳しい条件が求められます。

しかし、それ以上に高度なビートファイターシステムを作り上げ、家350件分の電気出力にも耐える構造だと知ったら、すごいの着てるよな・・・ってなる訳です。

ん?作ったのはハカセでしたっけ???

今回のショーに行けない方、この記事を見た時にはショーが終わっていた方、心配ご無用です。

 

結構、身近なところでまた会えます。

普通に会話もしてくれる気さくなヒーロー。

握手会の時、無言でうなずくだけという昔のヒーローとは違うのです!

 

以上

 

スタッフ佐藤の 『車と無関係かもしれない話』

第29回 《振り向けば、ビートファイターACE》でした。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL