看板な存在。

板金塗装修理も頑張る さのりです。

 

痛々しく入庫した、新し目の働くクルマ。

不注視でポールにぶつかったそうです。

 

 

バックドアだけが衝撃を受けたように視えます。

でも実際、

 

 

テールランプも破壊されていました、ビックリ。

それだけバンパーも押し込まれたって事です。

グ~、ビョ~ンって戻ったんでしょうね、スゲ。

 

距離感の誤りと違って、無いと思ってた所に障害物が在ったワケですからエネルギーもソコソコあったのでしょう。

結局、バンパーとテールランプも交換。

横のパネルは板金修理出来ました。

 

『 ブツかったままだとイメージが悪くなっちゃう 』

取引先からそういう会社だと思われたくないのだ、と言います。

働くクルマは会社の看板だから営業にも差し支えが出るんだね、大変だなぁ。

確かに・・・

社名入りのクルマがコンビニワープしてるのを視た時、印象が悪くなったな。

取引きも関わりもない企業の場合、レッテルって貼替えが難しいでしょう。

看板を走らすには覚悟が必要だってコトですね。

営業、建前、世間体。

そんな窮屈な言葉も、自分を律する動機として、良く利用したいなと思います。

 

さて、看板は輝きを取り戻しました。

理想的な活動が出来ると良いですね。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL