インチ基準な準備。

自動車整備士、さのりです。

 

 

珍しい工具 🔧 を使わされました。

(〃≧∀≦)ゞ ディープソケット 16mm ♪

国産乗用車の整備だと、ボルトの頭ってだいたい12mmとか14mm だったんです。

でもね、欧州で作られたクルマだと15mm、16mm、18mm になってしまうんです。

基準がインチだから、ミリに換算するとそうなるのでしょうね。

だから1ミリ刻みで工具を用意してる現実。

 

ボルト・ナットをパッと見て、12かな~?14かな~?  なんて工具を選んだものの、実際は13mm だった。

短気は損気な私、ちょいとイラついちゃいます。

全地球上 🌏 で起きうる感情じゃないかしら?

(# ゚Д゚)/   ナゼ 統一 シナイノ  !?  🇺🇸🇳🇿

ミリかインチに統一して欲しい、なんて提案したら国際的な争いが起きそうだから、ここは整備士が察して1ミリ刻みの使い分けをしないとね。

せめて日本のメーカーはミリ基準の国で車両を生産して欲しいなって思ったのでした。

そしてもうヒトツ、整備士は工具が無いと仕事が出来ない・・・、あらためて工具に感謝したのでした。

 

みなさん快適なカーライフを (o’∀’o)/

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL